いちくんを救う会

両親からのメッセージ

先般より、私どもの息子、いちに対しましては、多大なるご支援、ご協力を頂き厚く御礼申し上げます。

全国から寄せられましたたくさんのご支援、ボランティアの皆様、募金箱の設置にご協力頂きました皆様、そして「いちくんを救う会」の皆様、息子を応援して下さいましたすべての皆様に心より、御礼を申し上げます。

10月初旬にいちは、日本国内において緊急で心臓移植手術を行うことができました。
ドナーとなって下さいましたお子様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そして、このような崇高なご決断をして下さいましたご家族の皆様には言葉には尽くせない感謝の念を持たせて頂いております。
私達夫婦は子供を一人亡くしております。ご家族のことを思いますと深い悲しみの中でのご決断にただただ感謝させて頂くことしかできません。

現在、息子の経過は安定しておりますが、まだまだ予断を許さない状況です。
大きな壁は、乗り越えることができましたが、これから乗り越えなければならない壁はたくさんあります。
ドナーの方から繋いで頂いた命を大切に家族一同、一日一日を感謝で過ごしていきたいと思っております。
今後とも温かく見守って頂ければ幸いです。

末筆になりましたが、いちのために多大なるご尽力を頂きました多くの医療機関の諸先生方といちのためにご支援下さいましたすべての皆様に深く感謝申し上げます。

白岩 伸介・千穂

1人でも多くの皆様へ

「いちくんを救う会」の活動を1人でも多くの方に知っていただくため、ご協力をお願いします。