いちくんを救う会

「いちくんを救う会」より皆様へ

はじめに、ドナーになってくださったお子様の御冥福を謹んでお祈りするとともに臓器提供という大きな決断をされたご家族様に改めて深く感謝申し上げます。

平成27年7月に私達、いちくんを救う会が始めた小さな活動の輪は、多くの方々の暖かいご協力を得て、全国に広がる大きな支援の輪となりました。
そして、全国から送って頂いた沢山の応援メッセージ、いちくんを助けたいという温かい御心を頂きました。また、真夏の暑い中、そしてお忙しい中お時間を割いてくださり、いちくんの為に私達と共に大きな声で呼び掛けをして頂いた多くのボランティアの皆様、募金活動に伴い、募金箱の設置、ポスターやチラシを設置して頂きました店舗様、イベントやお祭りなどでご協力を頂いた皆様、ご支援ご協力頂いたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

尚、皆様からお預かりさせて頂いた募金額の合計は147,676,074円となりました。
活動費を除く、募金の残金は、規約の通り、海外での渡航移植に向け募金活動を行っている子供達のためにすべて寄付をさせて頂き、0円となりました。
この度の最終会計報告をもちまして、いちくんを救う会は平成28年7月7日に閉会させて頂きます事をご報告致します。今後は、いちくんの近況など、facebookにて更新させていただきます。

会の発足から、一年になろうとしております。
日本での移植手術には多大な時間がかかり、当時のいちくんの病状を考え、海外での渡航心臓移植に頼らざるを得ない状況でしたが、いちくんご家族や私達の誰もが予想もできなかった国内での心臓移植を行い、いちくんの体に最も負担の少ない状態を迎えることができました。
手術から9ヶ月が経ち、お兄ちゃん達と元気に遊び、可愛い笑顔で両親と過ごせている姿を見る度、沢山のご支援ご協力を頂きました皆様には言葉では言い尽くせないほどの感謝をしております。本当にありがとうございました。

最後に、未だに国内での移植手術の現状は、海外での渡航移植に頼らざるを得ない状況は変わっておらず、いちくんが元気になった今も渡航移植に向け募金活動を始めるお子様が後を絶ちません。私達もこの度の募金活動を通じて、日本の移植医療に多く触れ、そしてこの問題の難しさを知りました。一人でも多くの子供達が元気に笑顔になってくれる事を切に願うばかりです。

これまでご支援ご協力いただき、本当にありがとうございました。

会計報告
ダウンロードはコチラ

2016年7月7日
いちくんを救う会一同

両親より皆様へ

はじめに、かけがえのない命を繋いでくださったドナー様のご冥福を心よりお祈りするとともに、慈愛に満ちたお心で大きな決断をされたご家族様には心より敬意を表し、深く感謝致します。

私達の息子(以下、いち)のために退院後も愛情深いたくさんのメッセージやご心配を頂き、心から感謝致しております。

昨年、平成27年7月に東京都庁にて『いちくんを救う会』発足のもと、たくさんの方々のお力添えで海外での心臓移植を目指して募金活動を開始させて頂きました。

『いちくんを救う会』を結成してくださった有志の皆様、街頭募金にご参加してくださった皆様、募金箱を設置してくださった皆様、寄付をしてくださった皆様、ご尽力頂きました医療関係の先生、看護師の皆様、私達家族のためにご支援ご協力を頂きました、すべての皆様に心より感謝申し上げます。

当初、いちは、いつどうなってもおかしくない状況で、毎日が死と隣り合わせの日々でした。そんな中、いちが国内での心臓移植手術の機会を得られるという奇跡と言っても過言ではない急報が入り、平成27年10月に移植手術を受けさせて頂きました。

命を繋いで頂いた日から、お陰様で9ヶ月が経ち、最近のいちの様子は、とにかく牛乳ばかり飲んでいて、話す言葉も増え、“い”が言えずに自分の事を「あち、あち」と呼んでいます。「くっくはく」「ねーねーママ」など、少し会話らしくもなり成長を感じるとても嬉しい日々です。退院から数ヶ月は、毎月の検診も大きな問題もなく過ごせておりましたが、今年の4月頃から、何度も高熱を出し入退院を繰り返しておりました。家族が離れ離れになる日もあり、改めて家族みんなで過ごせる事は奇跡なのだと感じています。

体調が落ち着くには、もう少し時間が掛りそうですが、いちの病気が判明してから、どんなに辛く、恐怖に押し潰されそうになっても、毎日を精一杯生きるいちの力を信じながら、たくさんの方々に支えられ、見守られてきて、今こうして元気に笑って過ごせる毎日を送れるのは、皆様のおかげと感謝しております。

皆様に頂いたたくさんの愛に感謝の気持ちを忘れる事なく、尊い命を大切に育てていきます。

これまで本当に本当にありがとうございました。

本来ならば直接ご挨拶申し上げるべきところでは御座いますが、略儀ながら書面にて失礼させて頂きます。

末筆では御座いますが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。

2016年7月7日
白岩 伸介・千穂

みなさん、たくさんの愛をありがとう!
僕の未来は笑顔で溢れています。

「いちくんを救う会」より皆様へ

いつも、いちくんを応援していただき、そして暖かく見守ってくださり、誠に感謝申し上げます。

本日、海外での移植手術のため、現在募金活動をしております「すずかちゃんを救う会」と「たまきちゃんを救う会」に39,272,000円ずつの寄付を致しました。

1日も早く移植手術が成功し、すずかちゃんとたまきちゃんが元気になってくれることを心よりお祈り申し上げます。

この度の寄付に伴い、いちくんの為に皆様からお預かりいただきました募金の残高が0円になりましたので、最終会計をいたしまして、後日、ホームページにてご報告させて頂きます。

これまで、沢山の応援、そして暖かいご支援ご協力を賜りました事、誠に感謝申し上げます

すずかちゃんを救う会:http://suzukachan.com/

たまきちゃんを救う会:http://tamakichan.net/

2016年6月17日
いちくんを救う会一同

「いちくんを救う会」より皆様へ

いつも、いちくんを応援していただき、そして暖かく見守ってくださり、誠に感謝申し上げます。

本日、難病である拡張型心筋症で海外での心臓移植に向けて、現在募金活動をしております。
だいちゃんを救う会」に45,000,000円の寄付を致しました。

1日も早く心臓移植が成功し、だいちゃんが元気になってくれることを心よりお祈り申し上げます。

だいちゃんを救う会:http://dai-chan-sukuu.com/

2016年4月1日
いちくんを救う会一同

「いちくんを救う会」より皆様へ

いつも、いちくんを応援していただき、そして暖かく見守ってくださり、誠に感謝申し上げます。

本日、難病である拘束型心筋症で海外での心臓移植に向けて、現在募金活動をしております。
こうちゃんを救う会」に23,000,000円の寄付を致しました。

1日も早く心臓移植が成功し、こうちゃんが元気になってくれることを心よりお祈り申し上げます。

こうちゃんを救う会:http://koh-chan.jp/

2016年3月3日
いちくんを救う会一同

いちくんを救う会 中間会計報告書

これまで、たくさんのご支援ご協力ありがとうございました。この度の募金活動に関する中間報告をさせて頂きました。
事務所家賃に関しましては、オーナー様の御好意により無料となっております。

■活動収入の部

科目 金額(円) 摘要
寄付金 147,588,979円
利息 3,041円
合計 147,592,020円

■活動支出の部

科目 金額(円) 摘要
旅費交通費 104,858円 募金活動に係る駐車場代等
通信費 89,443円 郵送費、事務所電話代等
地代家賃 0円 事務所家賃
水道光熱費 24,403円 事務所に係る水道光熱費
消耗品費 549,702円 チラシ印刷、事務用品、消耗品等
支払手数料 281,509円 クレジット募金手数料、振込手数料等
道路使用許可 66,400円 募金活動に係る道路使用許可書
雑費 4,664円
支出合計 1,120,979円
寄付金残高 146,471,041円

中間会計報告書をダウンロードする。

※Internet Explorerをご利用の方でダウンロードが出来ない方は、ボタン上で右クリックを押し「対象をファイルに保存」を選択してください。

2016年1月29日
いちくんを救う会一同

「いちくんを救う会」より皆様へ

いちくんを救う会よりご報告させていただきます。

これまで、多くの皆様にたくさんの温かいご支援ご協力をいただき、誠に感謝申し上げます。

先日、皆様にご協力をいただいておりました募金箱の回収が全て完了致しました。
ご協力いただいた皆様、そしてたくさんの店舗様、お忙しい中ご協力いただき、心より感謝申し上げます。

募金箱の回収が完了した事に伴いまして、事務局を閉鎖しました事をご報告致します。

そして、活動を始める段階では、国内での移植手術は難しいという状況で、いちくんの心臓の状況を考えると、海外での移植手術に頼らざるを得ない状況でした。
それには保険などが適用されず、莫大な金額がかかってしまうため、私達は、一日も早くいちくんが手術を受けられるよう、勝手ながら多くの皆様に募金をお願いしてまいりました。
そして、たくさんの方々のご協力と応援をいただき、いちくんのために多くの募金が集まりましたが、急遽、10月に国内での移植手術が決まり、成功しましたので、活動を終了致しました。

国内での移植手術には、保険や国の助成などがあるため、手術費用としては一切お金がかかりません。
そのため、皆様からお預かりさせていただいております募金は、今までの活動費用以外は使うことなく、移植手術が行われました。

当初は、お預かりした募金の残金は、凍結期間を経て、いちくんの状態が良ければ、寄付する予定でしたが、術後、順調に回復しており、医師との相談の結果、凍結期間を設けず、 いちくんと同じように海外での渡航移植手術を必要としている子供達に寄付させていただきます。

募金の性質上、皆様にお返しする事が難しいため、誠に勝手ながら、皆様がいちくんのためにと、お預けくださった募金ではございますが、いちくんと同じように苦しんでいる子供達が一日も早く元気になる様に寄付させていただければと思っておりますので、ご理解ご了承の程お願い申し上げます。

尚、1月中に中間会計報告をした後、随時、寄付をしていく予定です。
今後の寄付や会計のご報告などは、このホームページにて掲載させていただきます。

2016年1月23日
いちくんを救う会一同

両親より皆様へ

私達の息子(いち)の為に、手術後も沢山の心の込もったお手紙、メッセージ等を頂き、誠に有難う御座います。現在のイチの様子をお伝えさせていただきます。
お陰さまで無事退院をすることができ、1ヶ月に3、4回程度、検診や検査等で通院しているものの、今のところ特に大きな問題もなく、1日1日を過ごさせて頂いております。
イチの1日は、朝8時の欠かすことの出来ない免疫抑制剤をしっかり飲むことからスタートします。
その後に体重、血圧、脈拍、体温を測ります。食べ物も少しずつではありますが、食べられる物が増え、特にハンバーグ、カレー、納豆、イチゴが大好きです。
外で遊び回ったり、友達と遊ぶことはまだ出来ませんが、お家の中を自由に走り回っています。
玩具でも上手に遊べるようになり、何より兄達と遊んでいる時が一番のニコニコ笑顔です。
泣いた時は、手を伸ばせば、イチが横にいて抱っこしてあげることが出来ます。病院にいる頃とは違い顔や身体に酸素チューブ、心拍や酸素濃度を測る機器も今はもうありません。

今こうして家族一緒に過ごせる事に幸せを感じております。
皆様本当に有難う御座います。
そしてドナーのご家族の皆様、これまで愛情深く育ててこられた大切な大切な命を私達へ、いちへ繋いで下さり、本当に感謝の気持ちしかありません。大切に育てていきます。
精一杯の愛情で未来に繋げていきます。
今後も近況については、フェイスブック等でご報告させて頂きたいと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

2016年1月23日
白岩 伸介・千穂

退院のご報告

いつも いちくんに、たくさんの応援を頂きまして大変感謝しております。
そして、臓器提供という計り知れない大きなご決断をして下さったご家族に深く感謝を申し上げます。

10月初旬に国内での心臓移植手術を行いました。
術後の経過は良好で、カテーテルによる3度の心筋生検も無事に乗り越え、先日無事に退院することができました。
これからも、免疫抑制剤等の服用や、生活に対してたくさんの制約は続きますが、現在は自宅で家族一緒に生活する事ができるようになりました。
手術前は、点滴が欠かせずどこに行くにも、常に管に繋がれていましたが、現在は自由に動き回れています。
これからもいちくんを温かく見守っていただければと思います。

私たちが「いちくんを救う会」を立ち上げた当初は、6歳以下の国内での移植手術は事例も極めて少なく、海外での移植手術に頼らざるを得ない状況でした。
この度の結果は、いちくんの小さな体に最も負担の少ない、そして日本国内で移植を待っている子供たちに希望が見える結果ではないかと思っております。

尚、会計報告についてはネット募金の解約手続きや募金箱の回収に時間を要しているため、今後あらためてホームページ上にて報告させて頂きます。

2015年11月26日
いちくんを救う会一同

「いちくんを救う会」より皆様へ

いちくんをご支援くださった皆様、いちくん及び当会に沢山のご協力と応援をいただきましてありがとうございます。
ご報告が遅くなってしまいましたこと、お詫び申し上げます。
そして何よりもまず、ドナーになって頂いたお子様のご冥福を謹んで御祈り申し上げます。
ご家族の心情を思いますと、ご決断の重さに胸が締め付けられる思いです。
臓器提供をご決断下さったご家族の慈愛に満ちた御心に深く感謝しております。

手術から一週間が経ち、ご両親よりいちくんの容態も安定してきたとの報告を受けました。
まだまだ検査などが続いておりますが、術後の経過も良いことから、渡航受け入れ先であったコロンビア大学病院へ状況を連絡したところ大変よろこんでいただきました。

渡航移植に向けた準備を進めてくださった関係者の皆様、ありがとうございました。

いちくんの近況ですが、10月初旬にいちくんの心臓移植手術が行われ、手術は無事に成功しました。
現在、PICUから個人の病室に移り、経過も安定しているとの事です。このまま良い状態が続けば一ヶ月ほどで退院できるとの報告も受けております。
合併症や感染症などのリスクもあり、未だ予断を許さない状況ではありますが、先生方の徹底した管理の下順調に回復しています。

免疫抑制剤の内服は欠かせない状況にはありますが、いちくんの可愛いスマイルも戻ってきました。

これから、いちくんの近況など当会公式ホームページにて皆様にご報告させて頂きたいと思っております。

最後に、私達がいちくんを救う会発足当初予想できませんでした国内移植といういちくんの小さな体に最も負担の少ない結果となりました。
皆様からお預かりさせて頂いております温かい真心のこもった大切な募金は、適切に管理を行い残高が0円になるまで、ご報告させて頂きます。

いちくんを救う会一同

両親より皆様へ

先般より、私どもの息子、いちに対しましては、多大なるご支援、ご協力を頂き厚く御礼申し上げます。

全国から寄せられましたたくさんのご支援、ボランティアの皆様、募金箱の設置にご協力頂きました皆様、そして「いちくんを救う会」の皆様、息子を応援して下さいましたすべての皆様に心より、御礼を申し上げます。

10月初旬にいちは、日本国内において緊急で心臓移植手術を行うことができました。
ドナーとなって下さいましたお子様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そして、このような崇高なご決断をして下さいましたご家族の皆様には言葉には尽くせない感謝の念を持たせて頂いております。
私達夫婦は子供を一人亡くしております。ご家族のことを思いますと深い悲しみの中でのご決断にただただ感謝させて頂くことしかできません。

現在、息子の経過は安定しておりますが、まだまだ予断を許さない状況です。
大きな壁は、乗り越えることができましたが、これから乗り越えなければならない壁はたくさんあります。
ドナーの方から繋いで頂いた命を大切に家族一同、一日一日を感謝で過ごしていきたいと思っております。
今後とも温かく見守って頂ければ幸いです。

末筆になりましたが、いちのために多大なるご尽力を頂きました多くの医療機関の諸先生方といちのためにご支援下さいましたすべての皆様に深く感謝申し上げます。

白岩 伸介・千穂

いちくんについて

2014年1月。まだ0歳のいちくんの心臓に異常が見つかりました。
徐々に心不全となってしまう「拡張型心筋症 緻密化障害(ちみつかしょうがい)」という難病です。
根本的な治療法は無く、残された時間が少ないことから「心臓移植」が唯一残された生きるための道です。
日本国内での移植の可能性はほとんどなく、いちくんに残された時間はあとわずかです。そのため「海外での移植手術」が望まれています。
しかし、それには莫大な額の費用が必要となり、とても一般家庭に支払える額ではありません。

どうか皆様の温かい御支援・御協力をお願い致します。

「いちくんを救う会」の活動報告と予定

活動報告

  • 【10月9日・10日・11日】街頭募金のご報告

    【10月9日・10日・11日】街頭募金のご報告...

  • 募金箱回収のお願い

    募金箱設置していただいた店舗・施設様、設置にご協力いただいたご担当者様に厚く御礼申し上げます。...

  • 【3日】ココリエ様にてチャリティーイベントを行っていただきました。

    チャリティーイベントを主催いただいた皆様、誠にありがとうございました。...

  • 【9月29日・10月3日・4日】街頭募金のご報告

    9月29日・10月3日・4日】街頭募金のご報告...

活動報告に関する詳細はこちら

「いちくんを救う会」の取材・報道

  • フジテレビ:みんなのニュースにて紹介して頂く予定です。

    10/8(木)18:15~フジテレビ「みんなのニュース」にて、いちくんのことを紹介して頂く予定です。...

  • TBS:白熱ライブ「ビビット」にて放送していただきました

    8/18(火)午前8:00~TBS放送の白熱ライブ「ビビット」にて、いちくんのことを放送していただきました。...

  • ラジオ日経「大人のラヂオ」にて放送して頂ました。

    8/22(土) 20:30~22:00放送 ラジオ日経「大人のラヂオ」にて、いちくんのことを放送して頂ました。...

  • J:COMチャンネル足立「デイリーニュース」にて報道していただきました

    J:COMチャンネル足立「デイリーニュース」にて、いちくんのことを報道していただきました。...

取材・報道に関する詳細はこちら

いちくんへの応援メッセージ

  • 読売巨人軍 杉内選手

    読売巨人軍の杉内選手が訪問してくださいました。「2014年12月6日 よみうり新聞朝刊13版23頁」...

  • 東京都議会議員 ほっち易隆 様

    私にもいちくんと同い年の息子がいます。子どもは地域の宝であり、日本の宝です。...

  • 足立区議会議員 ただ太郎 様

    ご両親をはじめ、多くの皆様が頑張っておられる姿に心打たれました。...

  • 足立区議会議員 伊藤のぶゆき 様

    いつ止まるかわからない心臓。3人の子を持つ父として、1人の区民として私も活動してまいります。...

  • 東京都議会議長 髙島なおき 様

    頑張れ白岩快日君! 快日君の命を救うには「心臓移植」しかないとお聞きしました。...

  • 千葉市議会議員 佐々木久昭 様

    この世に生を受け僅か1年の幼子「いち君」が、毎日痛い治療にも耐えながら、笑顔を絶やさず...

  • 千葉市議会議員 川村ひろあき 様

    がんばれ いちくん!「いちくんを救う会」のみんなの思いと願いと行動は必ずいちくんに届く...

募金チラシ(PDF)のダウンロード

皆様、いつもいちくん及び当会にご支援、
ご協力誠に有難う御座います。

いちくんの両親から連絡があり、国内での緊急の心臓移植手術が行われました。誠に勝手ながら募金活動については本日平成27年10月13日をもちまして終了とさせて頂きます。皆様からお預かりさせて頂いた募金のお取り扱いにつきましては追ってご報告させて頂きます。
※募金活動終了に伴いまして、募金箱回収のご連絡を順次させて頂いておりますので、ご協力宜しくお願い致します。
これまで、ご協力頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

1人でも多くの皆様へ

「いちくんを救う会」の活動を1人でも多くの方に知っていただくため、ご協力をお願いします。